換気扇は効率よく換気出来る

換気扇は効率よく換気出来る

換気扇は効率よく換気出来る 換気扇というと、キッチンに設置をする専用設備を思われることでしょう。調理の際に発生する煙や蒸気を屋外に排出して、室内の空気を入れ換える働きがあります。しかし、キッチン専用機器というわけではなくどのお部屋に設置をすることも可能です。特に湿気が篭りやすい浴室やトイレへの設置すると、快適な空間を維持することが出来ます。換気扇の設置をする際、換気口という穴を壁に開ける必要があります。

この換気口はキッチンであれば最初から備わっていますが、浴室等には無いので換気扇を設置する際に別途工事を依頼することになります。工事費用は約2万円ほどとなり、そこに換気扇の費用が掛かるので約3万5000円を目安としてください。ただし、電源用コンセントが無い場合は増設工事も入るためさらに追加費用が必要です。比較的高い費用を必要としますが、住居内で頻繁にカビが発生するといった不快な現象に悩まされている方には、湿気を効率よく逃がせして快適な生活を送れる設備といえます。

揚げ物を作る環境の換気扇はこまめに洗浄が大切

揚げ物を作る環境の換気扇はこまめに洗浄が大切 飲食店など揚げ物をメインに作ることが多い環境は、一般家庭よりもレンジフードや換気扇などが油汚れが付着しやすくなっています。換気扇の汚れをそのまま放置してしまうと換気効率の低下だけではなく、食品へ汚れが付着する可能性がありますし衛生面でも大きなトラブルを引き起こします。そのため飲食店ではこまめに掃除を行って清潔な状態を維持することが何より重要になります。
掃除をする際に必要となるのが、重曹とスプレーボトルに、いらない布やキッチンペーパー、新聞紙です。換気扇のベタつきは弱アルカリ性の重曹を利用すると、油分を中和してくれるので汚れが簡単に落ちる効果があります。
重曹は粉なので、まずは容器に適量を入れて水で溶かし空のスプレーボトルに入れれば洗剤が完成します。後は汚れが目立つ部分にシュッシュッと吹きかけて少し置いてから布で拭き取りましょう。頑固なベタつきは重曹だけでは落とせない可能性があるので、アルカリ性の洗剤をお湯に溶かして漬け置きをしておくと、ベタつきがスルッと落とすことが出来ます。